こんなLINEは女性に嫌われる!やってしまいがちなLINEの失敗例!

「気になる女性とLINEをしていたら、嫌われた!」
と、あなたは悩んでいませんか?

今は、LINEを上手に使いこなすことができないと、恋愛も上手にできませんよね。

LINEだけが原因で女性に嫌われることもありますし、逆にLINEで距離を縮め恋愛感情を抱かせることだってできますよね。

 

ただ、多くの男性はLINEで失敗して女性に嫌われてしまう、と悩む男性は本当に多いですよね。

そこで、ここでは女性に嫌われるLINEを、具体例を交えて紹介します。

 

女性に嫌われるLINEとは?具体例を挙げて紹介!

 

女性に嫌われるLINE出主なものは以下の通りです。

 

 返事の催促

LINEを送った後に、なかなか返信が来ないとついつい返信を催促してしまいがちですね。

特に、既読がついていると催促したくなりますよね。

しかし、返信を催促されてもウザいと思われてしまうので止めましょう。

 

「返事ちょうだい!」のような明らかに返信を促すメッセージでなくても、上のような返信を促すようなものでも「ウザい!」と思われるので嫌われます。

 

 絵文字を使いすぎ

絵文字が多すぎると、女性にキモいと思われます。

ここまで絵文字や顔文字が多いと、さすがに誰でもキモいと感じると思います。

ただ、この半分くらいでもキモいと感じる女性はたくさんいます。

絵文字や顔文字は、基本的に1文につき1個までにしたほうがいいですよ。

 

 長い

LINEは会話のように短い言葉でやり取りをするものです。

それなのに、1回に送るメッセージが長いと、女性は嫌になります。

ここまで長いとさすがに嫌になるだろう、ということは想像できると思います。

この半分でも長いです。

1回で送る文字数は、長くても30字以内を心がけるべきです(事務連絡を除く)。

 

 下ネタ

下ネタは付き合う寸前くらいでないと、女性は引いてしまいます。

先ほどと同じLINEの画像ですが、下のほうに「Kちゃんを食べちゃいたいゾー」ってありますよね。

こういった下ネタを送ると、返信が来なくなっても不思議ではありません。

 

 説教、上から目線

女性に説教したり、上から目線でメッセージを送れば、女性は嫌がります。

これは女性に限らず、男性も誰かから説教されたり、上から目線でものを言われたら嫌な気持ちになると思います。

ですから、このようなLINEを送ったら嫌われるのは分かるのではないでしょうか。

 

 自慢話・武勇伝

自慢話や武勇伝は女性に限らず男性も嫌ですよね。

特に、仕事のことや時計、車などの持ち物の話をすると、自慢しているつもりでなくても自慢話と取られることがありますので注意が必要です。

 

 悪口

人の悪口を言うのはよくありません。

共通の知人はもちろんですが、芸能人・有名人の悪口・愚痴も印象が悪いですし、そういったメッセージを受け取ると気分はよくありませんので、嫌われることが多いです。

あと、女性から誰かの悪口を言ってきた場合、一緒になって悪口を言うのではなく、また悪口を否定することもなく、聞いているだけにするのがいいでしょう。

 

言われれば嫌われるだろう、ということが分かっても、ついつい上のような嫌われるLINEを送ってしまうことがあります。

ですから、女性にLINEを送る前に、もう一度見直すようにして女性に嫌われるようなLINEを送らないように気を付けましょう。

 

 「女性にモテるLINE術」はこちら

 

コメントは受け付けていません。